トップページ > Q & A
Q & A

よくお尋ねいただく質問です。

Q 教室に通うとどんなことが身につくのですか?
A スコーレ・アソカはレゴブロックの制作法指導教室ではありません。
市販されていない教育用のレゴブロック(MITとLEGO社が共同開発した理科実験教材)を使って「問題解決力」「自分で考える力」「コミュニケーション能力」「時間管理能力」「プログラミング能力」など、STEM教育をベースにして、総合的な力を身につけることが出来ます。2020年、プログラミングが小学校の授業に導入されます。
プログラミングをするにはまずは論理的な思考が必要です。
さらに、プログラミングで作品を動かすためには構造を理解していなければなりません。そのためには、プログラミング能力だけではなく、
「問題解決力」「自分で考える力」が必要になってくるのです。

参考ページ→コンセプト

Q どのような授業を行うのですか?
A 各学年に応じた少人数制(4名〜5名)のクラスで授業を行います。
まずはテーマに対して各人が考えたことをディスカッションします。
次に、その考えたことを時間内で自由にブロックを使って具体的な形に します。最後に作ったものを発表して、お互いの良いところを認め合い、 自信につなげていきます。
先生は一方的に「教える」のではなく、「手を出さず、口を出さず、目を はなさず」一人一人の個性に合わせて子どもに寄り添った指導をします。
あくまでも、子どもたちが自主的に考えるアクティブラーニングです。

参考ページ→コース案内

Q 体験レッスンは可能ですか?
A 可能です。
事前予約制で有料です。(50分レッスン1コマ3,000円)
平日のクラスは毎週開講、 1回50分(1コマ)実施、
土日のクラスは月2回開講、1回100分(2コマ)実施です。


  体験レッスンの流れはこちら

Q レッスンはお休みしても振り替えが可能ですか?
A 可能です。
年間レッスンカレンダーと時間割を確認していただき、
お好きなところでお申込みください。
なお、年間レッスンカレンダーで同じ番号のところは同じ授業内容です。
お休みした時と同じ授業が受けたい場合はご確認くださいませ。

参考ページ→レッスンスケジュール
Q 先生はどんな方が担当されているのですか?
資格はありますか?
A スコーレ・アソカは、教育用のレゴブロックを使ったレッスンスタイルをデンマークから初めて日本に持ち込んだデンマークレゴ本社の日本正規代理店「潟堰[ニングシステム(現SCCIPジャパン)」を中心に1999年より展開しているSCCIPメンバーシップというグループ教室の一つです。
加盟は2000年、教室開講は2001年。
その当時からスタッフはSCCIPメンバーシップインストラクター資格を保有しています。
Q 受講の特典はありますか?
A お子様の授業中の様子を毎時間写真で記録した「スチューデントレコード」を個別に作成しています。毎月発行しますので、成長の記録としてもお楽しみいただけます。







【会社概要】
教室名:スコーレ・アソカ
運営会社名:株式会社デザインアンドテクノロジー
所在地:福岡市早良区西新1-8-21 西新新光ハイム1階
電話:092-845-6000
FAX: 092-845-6000
開校年:2001年9月
【教室紹介】
レゴブロック教室スコーレ・アソカは2001年に誕生しました。
株式会社としてレゴエデュケーション(LEGO社教育部門)のライセンスを取得した
九州唯一のSCCIP教室です。
2002年に福岡市教育委員会からの依頼を受け、当時の博多リバレインに オープンした
ロボスクエア(現:福岡市科学館)の立ち上げに協力しました。
世界で開催されているFLL(ファーストレゴリーグ)九州支部を2004年の日本初開催当時から運営、2015年には名古屋で開催の西日本地区大会で審査員も努めています。